販売されている中古トラック購入時の注意点について

信頼できる中古販売点から購入しよう

移動手段として電車やバス以外に、自動車などは買い物や旅行などに便利な乗り物の1つです。そのほかに大量の荷物や物などを運ぶために便利なのがトラックであり、様々な仕事現場で活躍している乗り物の1つです。ただし新車でトラックを購入する場合は高額なため、よりコストを抑える方法になるのが中古トラックの利用になります。中古取扱店であれば多くのトラックが販売されているので、自分が希望する積載量などを見ながら探すことができます。ただし注意点として、中古取扱店を選ぶという点がありますよ。店舗によっては中古トラックの情報が間違っていたり、希望する商品とは違う物を勧められることもあります。やはり信頼できる中古取扱店を利用するのが一番安心できるので、店舗の情報はホームページをチェックしたり評判を確認しながら、利用する中古販売店をしっかり探すことが重要になりますよ。

年式や走行距離をチェックしよう

中古トラックを選ぶ際の注意点として、走行距離のチェックがあります。その他には中古品の年式などもしっかりチェックするようにします。まず走行距離ですがトラックに限らず、短い方がよいイメージがありますよね。ですが走行距離自体が短い場合でも、整備自体がおろそかだった場合はトラック時たの状態がよいとは言えないですよね。まが逆に走行距離が長くても、定期的なメンテナンスや整備をしっかり行っている場合は状態が良い事が多いです。そのため安易に走行距離だけの長さだけで判断するのではなく、年式などもチェックして全体的なトラックの状態を確認することが重要ですよ。

定期点検などの整備記録やタイヤをチェックしよう

中古トラックの状態を確認する注意点として、ポイントとなるのが整備記録があります。トラックに限らず車も法律で車検が義務付けられていますよね。その車検の際に行われる整備点検の際、発行されるのが定期点検整備記録簿になります。車検の時に部品の点検内容や交換情報などが記載されている記録簿になります。整備記録簿をチェックすることで、今までどのような状態でトラックが走行していたのか分かります。その他にタイヤのチェックもポイントになります。タイヤは溝の深さによって良しあしが変わるので、基本的には溝の減りが少ないタイプがよいです。ただしタイヤ自体の製造年月日によって古い製造品の場合は、溝の減りがすくなくても劣化している可能性があります。中古で購入するトラックはコスト面を抑えられるのでお得ですが、しっかり注意すべきポイントを抑えて選ぶことが大切ですよ。

記事一覧