販売れている中古トラック購入手続き時に必要な書類の種類

自分で作成して準備する必要がある書類

中古トラックを販売してる店舗は数多くあるので、購入を希望する場合は色々店舗を回って欲しいトラックを探します。中古トラックの状態や積載量など、自分が希望するトラックが見つかれば購入の流れになります。では実際に手続きする際には書類がいくつか必要になります。その中の書類の1つとして委任状があります。この委任状は陸運局へ名義変更の申請を行う際に委任するために必要な書類になります。陸運局に名義変更にいく際ですが、旧トラック所有者と新しく所有者になる人が一緒に手続きに行く場合は必要ない書類になります。ですが名義変更の申請などは中古車販売店にお願いすることが多いですよね。そのため基本的には必要な書類なので準備しておくと良いですよ。

市区町村などの役場で発行する必要がある書類

購入の手続きにはいくつかの書類を作成しますが、書類の中でも重要なのが名義変更です。その際に実印を置く必要があり、実印でなければ申請自体が行えません。そのため必要な書類として印鑑登録証明書があります。印鑑登録証明書は押した実印が本物であることを証明することができる重要な書類になります。そのほかに住民票も必要な書類の1つです。住民票は自分自身の居従関係を証明してくれる書類になります。こちらの書類も欠かせないので準備します。印鑑登録証明書と住民票は、各市区町村で発行してもらえる書類です。そのため自分の住居がある役所に行き、一緒に申請して発行してもらうと手間も省けて便利ですよ。

管轄の警察署で発行してもらう必要がある書類

自動車でも同じですが、中古トラックを購入する際に必要な書類の種類として車庫証明書があります。この書類が一番重要であり、トラックを駐車するスペースが確保されているかどうかを証明するための書類になります。車庫証明書の種類としては保管場所使用権原疎明書面があり、自認書とも呼ばれている書類です。この書類は駐車スペースが自分が所有している土地を使用している時に必要な書類になります。次に保管場所所在図・配置図になります。この書類はトラックを駐車する位置や配置などを図で表している書類になります。所在図や配置図などは、自分自身の住居と駐車場の位置関係が分かるように記載する必要があります。その他には保管場使用承諾証明書がありますが、この書類は駐車場と駐車場自体の所有者が違う場合に必要になります。この書類を保管場所として使用許可を貰う為に使用されます。車庫証明の書類は管轄の警察署で取得したり、ホームページよりダウンロードして作成することも可能になります。中古車販売店での手続きにはこれらの書類が必要になるので、余裕をもって準備して誤りがないかどうかも踏まえて準備しておくことが重要ですね。

記事一覧